交通事故に遭った時に被害者も書く供述調書とは

交通事故が発生した場合、警察は被害者と加害者の両方から同意を得て供述調書を作成します。

なぜ被害者も調書に協力をする必要があるのかと疑問に感じる人もいるでしょう。そこで、供述調書について詳しく解説します。交通事故はどれだけ気を付けていても、万が一ということも考えられます。

その時に慌てないためにも、知っておいた方が良いでしょう。

交通事故の被害者は通勤費を加害者に請求できるのか

供述調書とは

交通事故が起きた時に、警察は何が起きたのかを被害者と加害者、そして目撃者から証言を聞きます。この時の内容を記録した調書が、供述調書です。交通事故が起きた瞬間を見ていない警察や検察は、どういう状況で誰が悪かったのかわかりません。

事故に遭った被害者と事故を起こした加害者、そして場合によっては事故を目撃した人にも話を聞きます。そして、供述をすべて聞いた後で、警察は供述内容を整理し書類が完成します。書類は供述者に開示され、間違いがない場合には供述者は署名捺印を押します。

そうして、供述調書は完成するのです。

実況見分調書と供述調書の違い

交通事故が起きた時には、供述調書の他に実況見分の調書も行います。被害者からすると、調書は1度で良いのにと感じるかもしれませんが、この2つの作成は根本的に違いがあります。まず、実況見分というのは事故が起きた時の状況を記録するもので、事故が起きた現場で行われます。

信号が青だったか赤だったか、どこを走っていたのかなどを警察官に説明をします。そして、供述調書というのは事故の当事者や目撃者の供述をまとめたものです。状況見分で作成される調書というのは、何が起きたのかという事実を確認する書類のことで、供述調書というのは、関係者の証言を記載してある書類のことなのです。

供述調書の必要性

なぜ供述調書が必要なのかというと、それは法的証拠になるからです。裁判には、供述証拠と物的証拠が必要です。はっきりとした物的証拠がない場合は、供述証拠が大きな力を発揮します。供述調書は、被害者や加害者、更には目撃者の証言から成立しています。

裁判では供述調書に書かれた内容を吟味し、事実を確認します。それから、被害者と加害者どちらに非があるのかが判断されるのです。供述調書は、加害者の刑罰にも関係してきます。被害者は、取り調べを受ける際には事故についてできるだけ詳細を述べるようにしましょう。

供述調書作成の流れ

交通事故が起きた後は、警察官が立ち合いの元、実況見分が行われます。その後で被害者や加害者、更には目撃者は警察署に呼び出され取調官から事情聴取を受けます。事情聴取というと、取り調べのようで、難しいことを聞かれるイメージがあるかもしれませんが、その心配はいりません。

事故の時に何が起きたのか、事実を話せば良いだけなので、緊張はせずにリラックスして受けることが大切です。ですが、注意をしなくてはならないこともあります。それは、曖昧な発言はしてはいけないということです。事故に遭った時のことをすべて覚えているかというと、それはかなり難しいことです。

たとえば、どんな人とすれ違ったか、どんな車を見たかなどすべてを記憶しているわけではないのです。覚えていることだけを伝えるようにしましょう。事情聴取がすべて終了した後で、取調官が供述内容を元にして供述調書を作成します。

そして、調書に間違いがなければ署名捺印を押します。この時に、もし供述調書を見せてもらえなかったという場合は、調書の開示を求めることも可能です。きちんと内容を読んで納得することができてから署名や捺印をすることが大切です。

供述調書を受ける際の注意点

多くの場合、被害者が事情聴取を受けるのは、加害者の後です。この場合、もしかすると加害者は、罪を逃れるために嘘の供述をしている可能性があります。目撃者がいなければ、被害者がどれだけ真実だと話しても取調官が信用しない可能性もあるのです。

被害者にとって必要になるのは証拠です。交通事故が起きた時のドライブレコーダーの映像があればすぐに証拠となるのですが、もしもそういった物的証拠がなければ、事故の時に撮影したスマートフォンやデジカメの写真や、事故のことを詳細に記録したメモでも構いません。

できるだけ、事故が起きた時の状況がわかるものを提出しましょう。そして、取調官への答え方にも気を付けることが必要です。取調官は真実を見極めるために、会話の仕方や視線にも注意を払っています。曖昧な表現を使ったり、感情的になりすぎては調書になりませんし、心証も良いとは言えません。

また、キョロキョロと視線を動かしてばかりいると不信感を与えてしまいます。取調官に質問をされた時には、できるだけはっきりと発言するようにし、違う箇所があったなら違うと訂正することが必要です。また、完成した調書を聞いた時に、違う箇所があったら、きちんと訂正するようにしましょう。

供述調書は、署名と捺印を押してしまうと、後で内容を変更することはかなり難しくなりますし、後から訂正をすると虚偽の発言をしたのではないかと、信頼を失いかねません。間違いがあったら、遠慮なく違うと伝えましょう。

調書を拒否したい時

交通事故に遭った人のなかには、事故のことは思い出したくないという気持ちから事情聴取を受けたくないという人もいます。被害者への事情聴取は任意なので、無理に行うことはありません。また、事情聴取の際に取調官が強引な内容を押し付けてきたり、あきらかに事実とは異なる内容を供述調書に書かれたという場合は、事情聴取の最中であっても途中退席することも可能です。

ですが、この場合は加害者だけの供述となってしまうので、被害者はかなり不利になってしまう可能性があります。事故の目撃者がいた場合には、たとえ被害者の供述調書がなくても不利になることはありませんが、目撃者が必ずいるとは限りません。

もしも、供述調書に応じれない状況がある時には、まずは弁護士に相談するようにしましょう。そして、なぜ事情聴取に応じることが出来ないのか、その理由について説明することが大切です。事故の被害者は、必ずしも事情聴取に応じることはありません。

ですが、応じることが出来ないことで不利になるということも知っておく必要があります。後で後悔をしないためにも、被害者は冷静な判断を行うことが何よりも大切なことです。